デリヘル利用時のタブーとは

デリヘル嬢とのタブーとなっていることが幾つかあります。デリヘル嬢も仕事とはいえ基本的には一般の女性です。自分はお金を払っているからと強引なことをすると痛い目を見ることがあります。まず、当然ですが本番行為を強要してはいけません。これは女性云々ではなく法律で禁じられています。デリヘル嬢もお金を稼ぎたくて仕事をしているので、中にはお金の欲望に負けたり顧客確保の為といって本番行為の要求に応じてしまいそうになるデリヘル嬢もいるかもしれません。しかし、お金を積んで実際に行為をしてしまえば仮に本人とデリヘル嬢の両者が合意の上で及んだ本番行為であっても犯罪として処罰されてしまいます。デリヘル嬢を雇用している業者も営業停止などの厳罰に問われますので注意しましょう。次にデリヘル嬢とのやり取りを隠しカメラで盗撮することも犯罪です。よくこういったやり取りがネットで掲載や販売などされていますが、肖像権の侵害やわいせつ物領布罪などで訴えられる可能性があります。仮にモザイク加工をして自分だとバレないようにしているつもりでも一度流出してしまえば、デジタル加工操作で簡単に取り除かれ、無修正として世に出回ってしまうこともあります。気軽にやってしまった行為が人生の汚点として残ってしまいますので注意しましょう。

 

デリヘルを利用する際に気をつけること

デリヘルを利用する際に気を付けることと言えばたくさんありますが、まずはお金の点です。デリヘルには利用者の要求に応じて様々なオプションがあります。それをお願いすると基本的にはデリヘル嬢からオプション料金の案内があるのですが、利用者が当然無料だと勝手に思っていて要求して後で請求されることがあります。これは告知義務を怠ったデリヘル嬢に責任がある為支払義務は発生しないのですが、そのことを知らずに要求されるがままに支払ってしまったという事例もあります。プレイの最中に金額の話をするのは興が削がれますが、事前にこちらの方で料金表プランを確認しておき、プレイの流れを想定しておくことでこういったことは回避できます。次に、デリヘル嬢を選ぶ時点で実物と写真が全然違うなどということは昔は頻繁にありました。それ故にチェンジという制度もできたのですが、結局妥協してチェンジしなかったりチェンジ制度を導入していなかったりする業者もまだまだ多く存在します。デリヘル嬢を選ぶときはチェンジができる業者を選び、さらにそのデリヘル嬢の情報をサイトなどでチェックすると案外書き込みで掲載されていることもあるので事前調査をしておくことでミスマッチを減らすことができるのです。

二人のデリヘル嬢で楽しむ事

会社の取引先の担当者とお酒を飲んだことがありました。その時に、スナックの可愛い女の子の話や風俗嬢の話で盛り上がったのです。その人は、私よりも風俗のお店の事を良く知っていて、楽しみ方もかなり上手だと思いました。

何より凄かったのは、デリヘル嬢を一度に二人お願いして、3Pをするとのこと。当然、デリヘル嬢二人分の料金がかかるし、自宅に及ばずにホテルに呼ぶので、ホテルの料金も合わせればかなり。。。

デリヘルを利用する理由と癒し

近頃私は、デリヘルに行く方々の気持ちが分かってきたように思います。その理由なのですが、ストレスですね。
ちょっと私的な話になりますが、最近私は色々と大変でした。次から次へと色々な出来事がありましたね。それを一つ一つ解決していかなければならなかったのですが、正直少々疲れてしまいました。人生良いことばかりではない訳ですね。
そのような時、私はふと「誰かに癒してもらいたい」と思い。。。